出会い系規制法とは?ネット異性紹介事業者のマジメな話


■2003年に施行された、出会い系規制法とは?

2003年から実施された、出会い系サイト規制法の正式名称は、
「インターネット異性紹介事業を利用して、児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。

ちょっと長く覚えるのも大変ですが、これが通称「出会い系サイト規制法」です。

この法律の目的は、出会い系サイトによる「児童買春」や「児童が犯罪に巻き込まれること」を防ぐことです。
ここでの児童とは、「18歳未満の人」を指します。この法律によって、インターネット異性紹介事業者は、
次のことが禁止されました。

・児童を性的行為の相手となるように誘引する
・対償供与を匂わせて、児童を異性の交際相手になるよう誘引する

などは、自分はもちろん別の誰かに対しても対象となります。
つまり、有償・無償問わず、「大人が性行為の相手になってくれる児童を探すこと」自体が禁止されました。

また「大人にデートや性行為ができる児童を紹介・斡旋すること」も禁止です。

そして、児童が「お金をくれるならデートやHをしてもいいです」という内容を書き込むこともアウトです!
出会い系サイトの業者は

「児童の利用不可をはっきりと示す」
「サイトユーザーの年齢確認」

というのが、が定められました。

その他に「児童に有害いになるものを防止」し、必要に応じて「是正命令を受ける(おかみの言うことを聞く)」必要があります。
事業者がこれらのことを怠って、かつ公安委員会の是正命令にも背いた場合は、6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。

■2008年、出会い系規制法が一部改正に…

2008年に、出会い系規制法は一部改正されました。(平成20年国家公安委員会規則第21号)

改正の大きな内容のひとつは、出会い系サイトの業者対して、「都道府県公安委員会」への届出が義務付けられたことです。
その理由は、出会い系サイトの業者の住所を、事前に把握するためです。

次に、出会い系サイトの事業者は、異性交際希望者(利用者)たちに「特定情報」をサイトに書き込みさせる場合には、
利用者の年齢を「身分証画像」できちんと確認をすることが義務付けられました。特定情報とは次のことを指します。

(イ)異性交際希望者同士が出会うため、指定する日時や場所にまつわる情報
(ロ)住所や電話番号、電子メールアドレスといった個人情報

つまり、出会い系サイトを通じて落ち合うための「日時・時間や場所」の情報、
また「住所や電話番号・メールアドレス」などです。

年令確認の方法は、クレジットカード決済や、運転免許証などの身分証画像もあります。
そして、サイトの運営者は、児童が犯罪に巻き込まれる可能性のある書き込み、つまり、
「禁止誘引行為」を、迅速に削除することも義務化されました。

これらに違反した場合は、まず「指示処分」という軽めの行政処分が行われ、それに従わない場合は
「1年以下の懲役叉は100万円以下の罰金」という刑罰が科せられることになります。

(ちなみに、この法律で、児童の保護者や携帯電話会社に対して、有害サイトへのアクセスを制限する
「フィルタリングソフト」の普及と利用推進が、努力義務として規定されました。)

■事業者が気をつけたいこと、利用者が気をつけたいこと

出会い系規制法により、事業者や利用者が気を付けたいことは次の通りです。
はじめに、事業者ですが、事業を始める場合には、まずはきちんと公安委員会に届けるようにしましょう。

「18歳未満はお断り」と言う内容を明言し、利用者の年齢を身分証の画像できちんと確認することです。
また、児童が犯罪トラブルにあう可能性がある書き込みを速やかに削除する必要があります。

利用者が掲示板やサイト及び神待ち掲示板プチ家出サイトに書き込んだ内容について。
出会い系サイトの運営者は「知りませんでした」ではすまされません。
悪質と判断されれば、「最高懲役1年の刑」に処されるので、サイト内をきちんと巡回をする必要があります。

そして、出会い系サイトの利用者について。
児童が、売春やそれに準ずることをしようとしたり、
大人の方が児童買春やデートをしようとする書き込みは、罰せられる可能性があります。

特に大人の方は、出会い系を通じて児童とメールをすること自体、違法性が高く危険です。
ばれないだろうという変な安心感を捨てて、犯罪につながる可能性のあるものには手を出さないようにしましょう。

■まとめ:出会い系規制法は犯罪、子どもへの被害を防ぐ必要な法律

いかがでしたでしょうか?出会い系規制法の内容と、気を付けるべきポイントについて説明をしてきました。

出会い系規制法は、18歳未満の子どもを性犯罪やその他の犯罪守るために、制定され強化されたものです。
サイトの運営者も、利用者も、窮屈に思うかもしれませんが、こればかりは仕方がありません。
運営者は、義務化されたことを怠らないようにしましょう。

また、利用者側の大人は、いくら若い子が好きでも、18歳未満の人を募集することなどは絶対にやめましょう!
犯罪へつながる可能性を減らすことで、結果的に運営者も利用者も安心して出会い系サイトを運営・利用できるようになるのです。

より詳しい情報や法律の文言を知りたい人は、警察庁による「出会い系規制法の解説」を見るようにしましょう。

ページトップへ
デザイン・制作 Megapx  テンプレート配布サイト s-hoshino.com  スポンサーリンク 美容の小箱
Copyright (C) SimpleTmpl011 All Rights Reserved.